通信制のトライ式高等学院で充実した時間を過ごしています

親と相談して通信制の高校に通うことに決めた


トライ式高等学院

中学校の時にいじめにあい、中学2年生から不登校になってしまいました。学校に行きたくてもいけない状態が続き、そのまま中学卒業まで学校に通うことができませんでした。中学の時の担任は親身になってくれましたが、高校受験をして高校に通うということができそうになかったので、親と相談して通信制の高校に通うことに決めました。通信制なら家から出ずに勉強することができますから、いくつかの通信制高校の資料を取り寄せしました。その中で、トライ式高等学院は、家庭教師のトライから生まれたサポート校ということで興味を持ちました。僕の兄が家庭教師のトライで勉強をみてもらい無事に難関高校を卒業したことがあったので、それなら信頼できるだろうと判断して、トライ式高等学院に入学することを決めました。中学生のときから不登校だったので、勉強でもわからないところが多かったのですが、プロの教師がマンツーマンで指導してくれたので、勉強の遅れを取り戻すことができました。 それまでは学校に行くこと自体が苦痛でしょうがなかったので、勉強の楽しさを感じることは一度もありませんでした。


--次--不登校の悩みを聞いてくれる専門の教師

高松中央高等学校